岩盤浴とは

北海道から始まった「岩盤浴」最近では全国的に岩盤浴サロンが増えています。岩盤浴とは、遠赤外線とマイナスイオンを放出する天然鉱石の上に横になるだけで体が芯から温まり、体内の老廃物などを排出しやすくしてくれる効果があります。
岩盤浴室は40℃から50℃位の室温ですのでサウナの苦手な方でも大丈夫です。また、岩盤浴は大量の汗をかきますが、サウナで出る汗と違い汗がサラサラしており、シャワーを浴びなくても平気なくらいです。

遠赤外線の効果

岩盤浴では「ブラックシリカ」という天然鉱石が一般的に使われています。ブラックシリカの効用は「遠赤外線」と「マイナスイオン」。
遠赤外線の温熱効果は、対象を均一に温めてくれるのが特徴です。熱が身体の芯まで届くので、身体の中でも最も代謝が高い肝臓を温めてくれます。また、身体が均一に温まると、自律神経やホルモン系が活動しやすくなり、ますます新陳代謝が活発になります。遠赤外線が持つもう一つの優れた作用は「共鳴振動」。血液や汗の水分を揺すって粒にすることでサラサラ流れやすくさせる上に、皮脂腺の分泌機能を盛んにします。

岩盤浴によって期待できる効果

●病後の疲労回復●神経痛●リューマチ等の神経系疾患●胃潰瘍●胃弱などの消化器系の疾患●肝臓などの新陳代謝疾患●高血圧・低血圧の循環器系疾患●外傷の後遺症●脳卒中後遺症●水虫・タムシなどの皮膚病●小児麻痺●ムチ打ちの後遺症など 。

スポンサードリンク